【2023年最新】アウトドアでも使える『羽釜』人気おすすめランキング6選

お釜

この記事ではアウトドアでも使える今、人気注目の『羽釜』についてその魅力や選び方のポイントなども交えて人気おすすめランキング6選口コミ・レビュー評価と合わせて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

『羽釜』とは?その魅力や特徴を解説

『羽釜』という言葉は意外と聞き慣れないかもしれませんよね。写真をみてこれか!と思う方も多いのではないでしょうか?その『羽釜』の特徴や魅力を解説していきます。

羽釜ってなに?

『羽釜』とは見てのとおり、側面に羽(つば)がある厚みのある金属製の釜のことです。

歴史の教科書や時代劇などで、かまどに嵌め込んで使われているのを見た事がある方も多いのではないでしょうか?昔はかまどの中で火を焚き、その強い火力も羽がしっかりと受け止め、さらに重い木蓋によって適度な圧力をかけることで熱を行き渡らせて美味しいご飯を炊いていたのです。

 

美しい見た目とその効果

羽釜の球状の美しい見た目にはしっかりとした理由があります。球状であることでかまどの熱を均一に受けることができ、強い火力であってもお米一粒ひと粒にしっかり熱が伝わり、炊きムラのないご飯に炊き上げてくれるのです。

 

様々な料理に応用可能

羽釜は『炊く』『煮る』という調理法に適した調理器具であるため、白米だけでなく、煮物や混ぜご飯など様々な料理を作るのに使う事ができます。

 

スポンサーリンク

自分に合った『羽釜』の選び方のポイント

ここではご自身に合った『羽釜』の選び方についていくつか紹介したいと思います。

目的に合ったサイズ選び

購入前にしっかり目的に合わせたサイズ選びをしましょう!!羽釜には1合サイズから一升サイズまで幅広くあります。

【サイズ選びの参考】

  • 一人用なら1合サイズでも良いかもしれません♪
  • 大人数でのキャンプやアウトドアで使う場合は5合サイズなど大きめのものを選んでおくと良いと思います。

 

釜の素材のチェック

釜には大きく分けて3つの素材があり、それぞれ性能が異なります。ご自身が求めている性能や使い易さも合わせて確認しておきましょう♪

・鉄製

一般的に多い鉄製の羽釜は、適切なお手入れをすることにより半永久的に使用することができます。昔ながらのタイプですね。

 

・アルミ製

近年アウトドアが流行り出した中ではこのタイプを購入される方が比較的多い印象!!安くて錆びにくいので手入れも比較的簡単♪

 

・銅製

料亭などで見た事があるタイプですね。銅は鉄やアルミに比べて熱伝導が良く時短で炊飯してくれます!!ただやはり値段は少しお高め…

 

IH対応の釜もある

羽釜は基本的にガスコンロなど火を使用して使う調理器具ですが近年ではIH対応の羽釜も出てきました。IH対応の羽釜を購入する際はSGマークをチェックして表記があるものが良いと思います。

SGマークとは、一般財団法人製品安全協会によって認定された製品に付けられるものあり、安全な製品の目印になるものとなっています。

参照:一般財団法人製品安全協会公式サイト

 

スポンサーリンク

【2023年最新】伝統ある『羽釜』の人気おすすめランキング6選〜口コミやレビュー評価も掲載〜

日本の古き良き文化でもある『羽釜』の人気おすすめランキング6選を実際に購入した方の口コミやレビュー評価も交えて紹介していきたいと思います。

6位【池永鉄工 】鉄釜 木蓋付き 1合炊

少量を食べるのに適したサイズのこちらの釜。ソロキャンプなどでも活躍しているようですね♪

小型のロケットストーブで何度か炊いてみました。
木の蓋だと多少吹きこぼれましたが、とても美味しく炊けました。
鉄釜は熱が均等に伝わる為、アルミ製よりも焦げ付きにくいです。

引用:mbさん(Amazon)

 

5位【新光金属】純銅製 炊飯釜 3合釜


こちらは純銅製の釜で料亭や日本料理屋さんなどでも愛用される高品質な釜となっています。美味しく炊けるというコメントがかなり多く寄せられています!!

眺めているだけでも美しい羽釜で、とても満足しています。
実際に炊飯してみると、普段食べているお米が簡単に飛び切り美味しいご飯になりました。
炊飯器で炊くご飯とは別物です。
土鍋や無水鍋など色々な鍋で炊飯しますが、この釜は、さすがの美味しさでした。

引用:ととさん(Amazon)

 

4位【ユニフレーム】キャンプ羽釜 3合炊き フッ素加工

こちらがアルミ製の釜になっていてキャンプなどで使うように購入する方が多い!!質量も軽く、手入れも楽というのもポイント高い!!

とにかく炊飯とはなんぞやと思うくらい失敗がない
米がピカピカで1粒1粒がホントに立っててメスティンより全然美味くて楽、炊き込みご飯もテキトーに作っても美味い、途中で蓋開けて水気の確認2、3回しても美味い、水加減も指1本だろうが半分だろうが美味い

引用:くまごうさん(Amazon)

 

3位【ウルシヤマ金属】羽釜 釜炊き三昧 5合炊き

SIセンサー対応でお子さまがいるご家庭でも安心!ガスレンジで簡単に昔ながらのふっくらご飯が味わえる手作りの本格釜セット!アルミニウムをひとつひとつ鋳型に流し込んで丁寧に造り上げた本格的な羽釜のセットです。

浸水、水加減、火加減、全て説明書通りに行ったら、とても美味しく炊けました♪何回か練習が必要かと思っていたので驚きです!
水位線が1合ずつ全部あるのと、一周ぐるっと入ってるので水加減がし易いのも◎
普段は2合しか炊きませんが、5合用にして良かったです。吹きこぼれません。

引用:はなとゆりさん(楽天市場)

 

2位【岩鋳】羽釜 IH対応 南部鉄器 3合炊(木蓋付)

こちらはIH対応の羽釜になっています。伝統を受け継ぐ職人達が一品一品丹念に作り上げた品質となっているため貴重な釜ですね!!

米の粒が立って、口に入れると甘味がすごい。炊き込みご飯もおこわもおいしい。おこげを上手に作れるように試行錯誤中です。

引用:えのさん(Amazon)

 

1位【ウルシヤマ金属工業】釜飯 3合 ガス火専用 アルミ製

熟練職人の手でひとつひとつ丁寧に造り込まれたアルミニウム鋳物製の釜となっており実際に実際に購入した方からは『ご飯の美味しさが全然違う!!』と驚きの声も寄せられるほど!!

 

スポンサーリンク

古き良き文化『羽釜』で美味しいご飯を食べよう

現代では一般的に使用されることが少なくなった『羽釜』ですが、やはり長年日本人に愛されている理由がわかりますよね♪

羽釜で炊くことでさらにお米の良さが引き立つことは間違い無い思います!!

羽釜の選び方のポイント人気おすすめランキングなども参考にアウトドアでも使えるご自身にぴったりの釜と出会えますように。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

【2023年最新】全国『美味しいお米の生産地』人気おすすめランキングTOP10も掲載しているので是非チェックしてみてください!!

タイトルとURLをコピーしました