【2024年最新】石川県産のお米人気おすすめランキング5選

産地・都道府県で選ぶ

この記事では実は美味しいお米を生産している米どころ石川県に注目して石川県産の美味しいお米人気おすすめランキング5選を紹介!!石川米の特徴や美味しさや人気の秘密について深掘りして石川米の選び方や買い方のポイントも掲載しています。

スポンサーリンク

石川米の特徴や人気の理由は?

まずは石川県産のお米はどのような特徴があるのか?どのような環境下で育てられているのか?そのお米の特徴や人気の理由を紹介していきます。

霊峰白山と加賀平野が作り出す最適な環境

石川県は朝晩の気温差が激しく、潮風も感じる能登半島に位置しています。そして霊峰白山から湧き出る清らかな水が加賀平野へ広がっています。つまり米づくりには必要不可欠なミネラルを含んだ綺麗な水と、元気な稲が育ちやすい健康的な土壌が揃っている地域なのです。その地形の理を活かした美味しい米づくりの技術は他の米どころと言われる地域にも負けていない、素晴らしい環境が整っているのです。

参照:石川県公式サイト

 

高品質で安心できる石川米

JAグループ石川では「生産者も含めて一丸となって、気象変動にも左右されることのない。高品質で安心できる石川米」を生産していくことをテーマに米づくりに取り組んでいます。お米のデータや栽培基準、稲刈り後の管理なども徹底して行なっている地域なのです。これらはホームページにもしっかり記載があり、消費者が安心して石川米を食べる事が出来るきっかけになりますよね!!

参照:JAグループ石川

 

石川のブランド米『ひゃくまん穀』は注目

消費者の安心・安全を大切に作られている石川米ですが、その中でも石川県の独自ブランド米『ひゃくまん穀』は是非とも食べてもらいたいお米です!!9年もの歳月をかけて研究して生まれた『ひゃくまん殻』は一粒一粒が大きく噛みごたえもあり、時間が経ってももっちりとした食感を楽しむ事ができ、お弁当やおにぎりなどにもぴったりでご家庭にぴったりなお米となっています。

参照: JA全農いしかわ

 

スポンサーリンク

石川県産のお米の選び方・買い方のポイント

それではご自身の好みに合った美味しい石川県産のお米の選び方やおすすめの買い方のポイントを紹介していきます。

石川県産のブランド米をチェック

石川県には独自のブランド米として『ひゃくまん穀』『ゆめみづほ』『能登ひかり』などを中心にその他『コシヒカリ』や『つきあかり』など美味しいお米の銘柄が様々あります!!今回の人気おすすめランキングでは品種・ブランド米別に紹介させてもらってるので是非参考にしてみてください。

 

石川の『ひゃくまん穀』『能登ひかり』は食べるべし

先程、石川の様々なブランド米や銘柄を紹介しましたがその中でも特に食べてもらいたいのが『ひゃくまん穀』と『能登ひかり』でかなりおすすめなお米となってます。『能登ひかり』は石川独特の地形に非常にピッタリなお米!!大粒で腹が白くなっているのが特徴であっさりした味わいということもあり、毎日食べても飽きない味わいを楽しむ事ができるので是非普段食べているお米と食べ比べてみるきっかけにもなるのかなと思うので個人的にもおすすめです!!

 

いしかわ米のおすすめの買い方

石川県産のお米も他の食材と同じように賞味期限というものがあります。なので精米後は時間と共に風味などが劣化していきます。目安としては『1〜2ヶ月くらいで食べ切れる量』を買うのがおすすめです!!

そして個人的にはネットで買うのがおすすめ!!新しい銘柄のお米を食べるきっかけにもなりますし、家に直接届けてくれるのもありがたい(笑)特に地方限定販売や全国のスーパーに並んでいない銘柄が簡単に手に入るのでおすすめ!!

最近ではネット注文を受けてから精米をして素早く発送してくれるところが増えてきたので品質や鮮度の部分も高まってきているので安心して美味しく味わう事が出来るお米が届くと思います♪

 

スポンサーリンク

【2023年最新】石川県産の美味しいお米(品種・ブランド別)人気おすすめランキング5選〜口コミ・レビュー評価も掲載〜

それでは石川県産の美味しいお米を品種やブランド米別に人気おすすめランキング5選を口コミやレビュー評価も交えて紹介していきたいと思います。

5位【つきあかり】 石川県 令和5年新米

ほんだ農場仲間の北野さんは長年、石川県で農業に携わってきた経験豊富な農家。つきあかりは石川県で最近、早生品種でも人気のお米です。

炊きあがったご飯の一粒一粒が艶やかで輝いて見える ことからその名前が付けられました。お米の中ではかなり新しい品種ですが、石川県ではコシヒカリやひゃくまん穀くらい人気があり、すでに多方面から注目を集めている有望品種です。

 

4位【コシヒカリ】 令和5年新米 農薬不使用


石川県のコシヒカリは深い山々と日本海に囲まれ昼と夜の寒暖差が大きいので、お米が一粒一粒ゆっくりと熟し、甘みがあり、しっとりとしたお米が育つことで有名!!実際の購入者の方からのコメントも高評価ばかり!!

 

3位【ゆめみずほ】 令和5年新米

石川県産のお米で推されている品種の一つ『ゆめみずほ』の特徴は粘りがあり、コシヒカリに匹敵する食味の良さとなっています。しかもこのおいしさが長持ちするということでお弁当やおにぎりにおすすめのお米です!!

 

2位【能登ひかり】 令和5年新米

こちらの『能登ひかり』は石川県産のお米が気になる方は是非チェックしてもらいたい!!大粒で腹が白くなっているのが特徴的であっさりした味わいとなっており和食との相性が非常に良いお米だと個人的には思います。産地の珠洲市は「新潟県南魚沼郡」とほぼ同緯度に位置しており、寒暖の差など気候の特性に似たところがあるので美味しいお米を生み出すのかもしれません。

すぐ届きました とても嬉しかったです
購入のきっかけは、子供が行事で能登へ行った宿泊先で食べたご飯が本当に美味しかった♪と言ってたので… 炊きたても冷めても美味しいお米です また購入します

引用:ものん6998さん(楽天市場)

 

1位【ひゃくまん穀】 令和5年新米 特別栽培

石川県産のブランド米として一番おすすめさせて頂きたいのが『ひゃくまん穀』です!!粒が大きく食べごたえがあり、しっかりとした粒と粘りのバランスが良いお米となっています。そしてなんといっても石川県が9年もの最月をかけて作り上げた努力の結晶のようなお米のなのです。食べてみて損はないと個人的に思えます♪

 

スポンサーリンク

「ぶり大根」で石川県産の美味しいお米を食べてみよう!!

石川県の郷土料理「ぶり大根」

画像出典元:農林水産省「うちの郷土料理」

いかがでしたでしょうか?米どころとしての知名度は近くの新潟県には負けてしまうかもしれませんが、お米にかける情熱は負けていない石川県!!

今回、石川県産のブランド米・銘柄別で人気おすすめランキング5選を紹介させて頂きましたが、個人的にはどれも食べてみて損はないお米となっています。

お米の選び方・買い方なども参考にご自身に合ったお米との出会いのお力になれたら嬉しく思います。

石川県の郷土料理「ぶり大根」は、ぶり(鰤)と大根を使った美味しい料理です。以下は「ぶり大根」の基本的なレシピです。

材料:

  • ぶりの切り身:約500g
  • 大根:1本(約500g)
  • だし汁:4カップ(昆布や鰹節から取った出汁)
  • 醤油:大さじ4
  • みりん:大さじ4
  • 砂糖:大さじ2
  • しょうが:1片(薄切り)
  • だしの素:小さじ1
  • みりん:大さじ2
  • 酒:大さじ2

手順:

  1. 大根の皮をむき、大根を1.5cmの厚さで輪切りにします。輪切りの中央に穴を開け、穴を広げて中身をくり抜いて、大根の輪切りをリング状にします。
  2. 大根の輪切りをお鍋に広げ、だし汁を加えて火にかけます。中火で大根が柔らかくなるまで煮ます。煮る途中、大根の表面に浮いてくるアクを取り除きます。
  3. 大根が柔らかくなったら、醤油、みりん、砂糖、しょうが、だしの素を加え、中火でさらに煮ます。大根がたれを吸い込み、味がしっかり染み込むまで煮続けます。
  4. ぶりの切り身を食べやすい大きさに切り、みりんと酒を加えて中火で煮ます。ぶりの切り身が白くなり、火の通ったら、大根の上にぶりの切り身を並べます。
  5. ぶり大根の具として、だし汁を大根の上に注ぎます。その後、大根の上に蓋をし、中火でひと煮立ちさせます。
  6. 煮立ったら、弱火にして約10分間 simmer させます。この間に、具と具の間にだし汁が行き渡り、味がしっかり染みこむことで、美味しさが引き立ちます。
  7. 火を止めて、器に盛り付けます。煮汁をかけて、完成です。

ぶり大根は石川県の郷土料理で、優れた出汁と魚の組み合わせが、独特の風味を楽しませてくれます。ぜひお試しください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

【全国の美味しいお米もチェック】
2023年最新】全国『美味しいお米の生産地』人気おすすめランキングTOP10も掲載しているので是非チェックしてみてください!!

 

【2024年最新】全国『美味しいお米の生産地』人気おすすめランキングTOP10
【令和5年】都道府県別の『美味しいお米』を生産している地域をそれぞれ独自の銘柄やブランド米、実際に食べてみた方の口コミなども交えて紹介しています。美味しいお米の選び方のポイントやおすすめの買い方も掲載!!
タイトルとURLをコピーしました