【2024年最新】宮城県産のお米人気おすすめランキング5選

産地・都道府県で選ぶ

全国のお米生産量5位の宮城県で作られている美味しいお米(ブランド・品種別)人気おすすめランキング5選をピックアップ!!そして宮城県産のお米の特徴や魅力、人気の理由なども紹介。自分に合ったお米の選び方や買い方なども掲載しています。是非参考にしてもらえると嬉しいです♪

スポンサーリンク

宮城県産のお米の特徴や人気の理由は?

米作りが盛んな東北地方の中でも、美味しいお米を生産していることで注目を集めている宮城県のお米の特徴や人気の理由を紹介!!

日本屈指の米どころ!!

今や新潟や北海道にお米のイメージが定着してきてますが、実は宮城県は2000年も前から米作りが行われていたという歴史があります。そして江戸時代には江戸に流通されたていたお米の3分の2が『仙台米』だったとのことなのです。それだけ美味しいお米を昔から届けていた地域が宮城県なのですね。

宮城県のお米は甘くて美味しい

宮城県の環境の特徴として夏の日中は気温が高く夜は涼しく過ごしやすいという特徴があります。この寒暖差が美味しいお米を作る上でとても大切でまさに宮城県はそれに適しているわけですね。ちなみに令和3年度の収穫量は353,400トン※1にもなります。

※1出典:農林水産省「作物統計調査」令和4年2月28日

宮城県は美食の地だからお米もおいしい

宮城県は太平洋に面しており、新鮮な海産物が豊富です。特に、牡蠣やホタテ、サンマ、イカなどの魚介類は絶品として知られています。牡蠣の養殖は全国的にも有名で、牡蠣のフレッシュな味わいは絶品です。また、フルーツや野菜も豊富で、例えば、みかんやリンゴ、さくらんぼ、アスパラガスなどの美味しい農産物が栽培されています。このように宮城県は美食の地として知られており、美味しい食べ物に対するこだわりがあります。その影響を受けて、お米にも高い品質と味わいを求める意識が根付いています。

スポンサーリンク

宮城県産のお米の選び方・買い方のポイント

宮城県産の美味しいお米のおすすめの選び方や買い方のポイントを紹介していきます。宮城米は魅力的なお米でいっぱい!!

宮城県産のブランド米をチェック

宮城県では、かつて東日本を代表した『ササニシキ』や、冷害に強い『ひとめぼれ』といったブランド米が有名でした。しかし、最近では県独自のブランド米の開発にも注力し、『だて正夢』や『金のいぶき』といった新しい品種が登場しています。特に、『金のいぶき』は玄米用に開発された珍しい品種です。ぜひ一度、味わってみてください!

このように宮城県産のブランド米は様々あり、それぞれ特徴が違います。人気おすすめランキングではそれぞれの特徴も掲載しているのでチェックしてください♪

今年の宮城県産『つや姫』は旨い!!

2023年食味ランキング(日本穀物検定協会2023年2月28日発表)宮城県部門では特A獲得の『つや姫』が1位に輝きました!!コシヒカリと比べて粘りが少なくあっさりとした食感で家庭向けにも流通していますが今年は特に宮城県産の『つや姫』を推しています!!

『つや姫』は、風味、甘み、そしてもちもちとした食感が特徴的なお米です。そのため、お米自体の存在感が強く、あっさりしたおかずとの相性が良いです。例えば、刺身定食や野菜の煮物など、さっぱりとした料理と一緒に食べると美味しさが引き立ちます。

一方、『つや姫』は粘り気が強いため、チャーハンやパエリア、オムライス、炊き込みご飯など、味付けの濃い料理とはあまり相性が良くありません。しかし、つや姫自体が非常に美味しいお米なので、あっさりしたおかずを合わせることで、お米本来の味わいを存分に楽しむことができ、お米をよりたくさん食べることができます。

宮城米のおすすめの買い方

宮城県産のお米も他の食材と同じように賞味期限があります。なので精米後は時間と共に風味などが劣化していってしまうのです。目安としては『1〜2ヶ月くらいで食べ切れる量』を買うおすすめです!!

農家の方から直接買うのも良し、スーパーで買うのも良いですが個人的には今はネットで買うのがおすすめ!!中々近くのスーパーでは見かけないお米を食べてみるきっかけになりますし、家まで運ぶ手間が省けます。特に地方限定販売や全国のスーパーに並んでいない銘柄も手に入るのでおすすめ!!

スポンサーリンク

【2023年最新】宮城県産のお米(品種・ブランド別)人気おすすめランキング5選

それでは宮城県産の美味しいお米(品種・ブランド別)で人気おすすめランキング5選を紹介していきたいと思います。

5位 むらせライス 『だて正夢』 宮城県 令和5年新米

通販サイトでも売り切れになることも多い『だて正夢』は宮城県民の想いがこもったお米。もちもちとした食感やご飯が冷めてしまっても香りや味も良いのが特徴。

噛むほどに口いっぱいに広がる旨味と甘みが楽しめる、宮城県産米の贅沢な新品種。このお米は、洋食のカレーやコロッケ、または豚の角煮などの濃厚な和食に最適です。その豊かな味わいが料理を引き立て、贅沢な食事体験を提供してくれます。

4位 清流米 『ひとめぼれ』 宮城県 令和5年新米

今では各地で栽培されている『ひとめぼれ』ですが、元々の生まれは宮城県古川農業試験場で、宮城の気候風土に合わせて育成された品種とのこと!!こうなると是非とも宮城県産のひとめぼれを食べてみたいですよね♪粘り・ツヤ・甘みなどのバランスが取れたお米なので多くの方の口に合いやすいと思います。

『ひとめぼれ』は、絶妙な味のバランスを持つ魅力的なお米。程よい粘りと豊かな旨味があり、香りも素晴らしいものがあります。炊き上がりはふっくらとしており、一粒一粒のお米が存在感を放っています。甘みはコシヒカリに近いレベルでありながら、口当たりはさっぱりとしています。そのため、和食はもちろん、カレーやコロッケなどの洋食や中華料理などのこってりしたおかずとも相性抜群です。食感は柔らかく、のどごしも良く、冷めても美味しさが持続するのも人気の秘密です。幅広い料理に合うので、飽きることなく毎日の食卓にぴったりです。

3位 遊佐 『金のいぶき』 玄米 宮城県 令和5年新米

玄米といえば、栄養価は高くて凄いけど、食べにくいとか味が・・・と言うイメージを持たれている方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんなこと打ち砕くほど宮城県産『金のいぶき』は家庭でも食べやすくそして何より美味しいお米として注目を集めています。今後さらに人気が出ると予想しています♪

『金のいぶき』という品種は、宮城県の古川農業試験場で生み出された玄米食向けのお米。従来の玄米のイメージである「手間がかかる」「食感が固い」という概念を覆し、簡単に炊ける手軽さと甘みのあるもちもちとした食感が特徴です。これまで玄米を食べていた方はもちろんのこと、玄米に興味があるけれど抵抗があったり手間がかかると思っていた方にも、ぜひ試していただきたいおすすめの玄米です。

2位 元気くん市場 『ササニシキ』 宮城県 令和5年新米 特別栽培米

宮城を代表するお米の一つ。和食との相性がかなり良くお寿司屋さんなどでも多く使われているお米です。さっぱりした味わいで、おかずをより引き立ててくれます。栽培が難しく高い技術を必要とする品種のため年々生産量が減少傾向にあるようなので是非一度は食べてみましょう♪

『ササニシキ』は、さっぱりとした食味が特徴。粘りが少ないため、調味料を加えてもべたつかず、さらっとした食感が損なわれません。このため、多くの寿司職人が『ササニシキ』を愛用し、一般の家庭よりも根強い人気を誇っています。また、甘みも控えめなので、丼ものなどにもよく合います。その食味はおかずの味を引き立てるものであり、胃もたれすることなく食べることができます。特に子供たちにはぜひ食べてもらいたいお米です。

1位 ライシー宮城 『つや姫』 宮城県 令和5年新米

令和3年度『特A』を獲得した宮城県産の『つや姫』。旨みと甘みが特徴的でさらにその名の通り『ツヤ』が美しいお米となっています。和食との相性もよく、ご飯とおかずお互いを引き立ててくれます。個人的にも推したいお米ですね!!

『つや姫』は、そのままのお米の味を存分に楽しめるため、シンプルな和食がおすすめのおかずです。野菜たっぷりの味噌汁や、控えめな味付けの煮物、焼き魚、冷奴、漬物などが特に相性抜群です。

スポンサーリンク

サンマのすり身汁で宮城県産の美味しいお米を食べてみよう!!

サンマのすり身汁

画像提供元 : 宮城県食生活改善推進員協議会

今年の宮城県は、ますます美味しいお米が生産されていると思いますので、ぜひ食べていただきたいです!おすすめはやはり『つや姫』と『ササニシキ』です。和食との相性も抜群ですよ!また、健康意識の高まりを受けて『金のいぶき』もおすすめです。

サンマのすり身汁は、宮城県の郷土料理の一つで、ご飯とぴったりの美味しい料理です。以下はサンマのすり身汁の基本的なレシピです。サンマは秋に旬を迎える魚で、その時期に楽しむのがおすすめです。

材料:

  • サンマ(2尾)
  • だしの素(昆布と鰹から取っただしの素を使うと良い)
  • しょうが(1片、千切り)
  • にんにく(1片、みじん切り)
  • みりん(大さじ2)
  • 酒(大さじ2)
  • 醤油(大さじ2)
  • 塩(少々)
  • さっぱりとした野菜(例: 大根、にんじん、長ねぎ、しいたけなど)
  • さつまいもまたはじゃがいも(1個、千切り)
  • しめじ(1パック)
  • 青ねぎ(2本、斜め切り)

手順:

  1. サンマの下ごしらえをします。サンマをさっぱりと洗い、腹を開いて内臓を取り除きます。次にサンマの身を包丁で削いで、すり身を作ります。すり身はボウルに取り、少し塩を加えてもみます。
  2. 野菜を準備します。大根やにんじんなどの野菜を千切りにし、しめじは小房に分けます。
  3. 大きめの鍋にだしの素(昆布と鰹から取っただしの素)、しょうが、にんにく、みりん、酒、醤油を合わせて中火にかけ、煮立てます。煮立ったら中火にして、野菜を加えて煮ます。
  4. 野菜が柔らかくなるまで煮たら、サンマのすり身を小さな団子状にして手で作り、鍋に加えます。すり身が煮立って浮いてくるまで煮続けます。
  5. 最後に青ねぎを加えて、サンマのすり身汁の完成です。
  6. 器に盛りつけ、お好みでご飯と一緒に召し上がれます。

このレシピは、サンマのすり身汁の基本的な作り方です。お好みで調味料の量や具材を調整して、自分好みの味に仕上げてください。

タイトルとURLをコピーしました